TOP>リニューアルのご提案
TOP


中央監視システム更新のご提案


中央監視システムの 経年劣化が進むと
管理費用・保守費用の増加
システム用機器類の故障時に
保守部品の製造中止による
長時間にわたる機能停止が懸念



●物理的側面から
 
 劣化部品を、信頼性の高い標準部品により更新
  LCC(ライフサイクルコスト)の削減を図る
●機能的側面から
 
 標準ソフト(Windows)採用により、操作性・認識性を向上
 データ連携により、収集データを再利用(帳票作成) 
  エネルギー管理・ユーザー管理・省力化を図る
●経営的側面から
 
 エネルギー情報を管理する事により、維持管理費削減を行い
  ユーザーサービスの向上を図る
●社会的側面から
 
 地球温暖化(京都議定書)、エネルギー削減への要求
  消費エネルギー・CO2の削減を図る


 
現 状   更 新 案

信頼性
 

 経年劣化による障害・
 故障が予想される。


 


 システムの中枢と
 なるサーバーは冗長
 仕様の安全設計です。

 CPU:2個搭載
 マスターディスク
 シリコンディスク使用
 (回転部が長く長寿命)
 データディスク
 ミラーリング(二重化)更にサーバーを2基(二重化)
 設置して高信頼性システムを構築できます。

 
将来性  
 
 メーカー独自の機器を
 使用するため
 生産中止等で保守部品を
 長年確保できない


 

入出力ユニット(PLC使用)も含めメーカーを特定 しない汎用機器で構築しているため、保守部品等が 将来においても、安定して確保できメンテナンスコストを削減できます。


PLS-F


PLS-S
   
成長性  

 特定技術に依存している為、
 将来ブラックBox化して
 メンテナンスに支障が発生。


 

 中央と入出力ユニットの間は
 イーサネットで接続し、
 最新のオープン技術
  (世界標準OPC)で
 高速に処理します。
 オープンな環境により、
 将来システムを更新する場合も
 容易に行えます。
   
操作性  

 操作性が悪く、
 容易に管理し難い。



 

 汎用OS(Windows)
 を採用し、パソコン
 感覚でビジュアルに
 設備を管理できます。

   
BMS  

 設備帳票の
 編集が出来ない。


 


 BMS(ビルマネジメント
 システム)機能が汎用ソフト
 (アクセス、エクセル、etc)
 と連携、多様な帳票に
 容易に対応出来 、
 ランニングコストの削減を
 目指す各種作業に利用可能。

   
省力・省エネ  

 運転データが
 手入力による
  データに
 限定される。


 


 設備をきめ細かく制御でき、
 運転データ分析により、
 消費エネルギーの削減
 を目指す各種作業に
 利用可能。

   

ページTOP

Copyright(c)2005 SEIRITSU co.,ltd. All Rights Reserved.